FC2ブログ

駅前四時五分集合

ニシタニの雑文保管庫。 その日あったことなんかを面白おかしく、 または面白みのかけらもなく書き連ねてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
もしも話
「もし世界が明日で終わるとしたら何する?」

って唐突に友人に聞かれました。
何だよその使い古された質問。とか思いつつちょっと考えてみたんですが、
…とりあえず実家にいるんだろうなと思います。
だって外すごいことになってますよきっと。
いい具合に気が狂った人とかがわんさかいて、
人殺したりなんじゃりもう阿鼻叫喚地獄絵図ですよ。
そんな中で信じられるのなんて家族しかないでしょう。
できた人たちなんでなんだかんだでそんな現実でも受け止めてそう。
恋人とかいっても所詮は他人ですもんね。
何しだすか分かったもんじゃありません。

って応えたら「何そのつまんない答え」とブッた斬られました。
どんな回答期待してたんだ。

しかしながらニシタニはこういう「もしも話」が大好きです。
世界が明日云々はちょっとシビアすぎますが、
もっとこう…なんていうか…
笑えるんだけどもし実際に起こったら笑えねえ!みたいなね。

高校の頃よりこ(友人)としてたもしも話で
今だにどうするだろうと考えるのが
「もし朝起きて身長が50メートルになってたらどうする」
ってやつです。
…まじでどうするよ
そんな逆南君の恋人状態。
おなじ変身(身体変化)ネタにしても
「放課後」やら「転校生」みたいに入れ替わりネタならば
まだなんとかなりそうなもんですが、しかし身長50メートル。
「全裸で途方に暮れる」
としか答えようがねえよ。

その他にも
「もしも自分以外の人間が全部中尾彬に見えたら」やら
「もしも自分がサトラレだったら」やら
なんかのくだらないことこの上ない、
そんなもしも話を考えてはそうなった自分を想像して戦慄するんです。
…とんでもなく非生産的です。

思考は人間に与えられた至上の贅沢であり、特権ですよね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。